第37回火渡祭を斎行

 御嶽山御嶽神明社の秋季大祭・再興第37回大護摩祈祷火渡祭を平成29年10月22日(日)に斎行しました。

 台風21号が接近する雨天ながら、きょうは祭日、“ハレの日”。

 神前で老松大黒舞保存会・老松小学校児童により大黒舞が奉納され、奉仕35年の釜石市・高橋友太郎様をはじめ永年奉仕者9名に表彰状を贈呈しました。

 祭儀では祝詞奏上後に祭祀舞「朝日舞」を奉奏。

 宮司以下祭員、名誉宮司、奥山総代長、神﨑岩手県議会議員、花海焚火司長以下参列者が玉串拝礼しました。

 引き続き護摩檀への点火神事、廻り行、火渡神事、万歳三唱など滞りなく祭儀を執り行いました。

 また、第8回福祉バザーの収益金は5,250円にのぼりました。

 「雨ニモマケズ」の精神さながら、ご奉仕、ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。

0コメント

  • 1000 / 1000