七五三

 七五三は、3歳(男・女)、5歳(男)、7歳(女)という子どもの成長の節目に、神さまに感謝・祈願するとともに、社会からの祝福を受けるお祝いの行事で、11月15日またはその前後に氏神や崇敬神社に参詣します。盛岡などの寒冷地では一カ月繰り上げて行われています。古くから民間や武家で行われていた3歳の髪置き、5歳・7歳の帯直し(または袴着・帯解き)など、子どもの成長と健康を祈る儀式を起源としており、大正時代以降に盛んに行われるようになりました。数え年でお祝いするのが基本ですが、満年齢で行う家庭も少なくありません。

 「七つまでは神のうち(神の子)」という言い伝えがあるように、七五三の人生儀礼は神さまからも社会からも「人の子」として認めてもらう、第二の誕生日ともいうべき転機です。

 11月15日に行う理由として、この日が鬼宿日(陰暦で二十八宿の鬼宿にあたる日。婚礼以外は万事に大吉とされる)にあたるからとか、五代将軍徳川綱吉の子の徳松の祝いが行われた日であるから、などの説があります。また日本の神祭りの多くは霜月15日に営まれ、秋の収穫の後に田の神を山にお送りする祭日でした。

 御嶽山御嶽神明社では、11月15日のみならず、七五三詣の祈願祭を毎日(午前9時~午後4時頃)とりおこなっております。(初穂料は5,000円より。家族で複数のお祝いのお子さまがいる場合、2人目からは割引があります)

 お申し込み、お問い合わせは、下記までお願い致します。

 おんたけさん 御嶽神明社

 一関市花泉町老松字水沢屋敷161-2

 電話0191(82)3382 FAX(82)2461

*「ちょっといい、七五三の写真」を撮ってみたい方は、一関市花泉町の「千葉写真館」がおすすめです。詳しくはホームページ(http://chiba-studio.com/753.html)をご覧下さい。

御嶽山御嶽神明社

岩手県一関市花泉町鎮座 電話 0191-82-3382

0コメント

  • 1000 / 1000